遊べるお店の種類

夜遊びのお店の違いとは

皆さんは夜遊びが出来るお店の種類をいくつ知っていますか?そして、その違いを正確に分かっているでしょうか。このページではその違いをしっかり説明していきたいと思います。

キャバクラ

セット制になっていて、1セット50分。相場は3000円~7000円くらいです。女の子が横に座ってくれて接待してくれます。20代くらいの若い女の子がキラキラしたドレスを身にまとい、店内も華やかな雰囲気です。セット料金にプラスで指名料や飲食料がかかります。キャバクラで働いている子は時給+インセンティブなので、ぐいぐいお酒をおねだりされたり、アフターや同伴などの営業もされます。

パブ

イギリスの大衆酒場と言う意味の言葉の略語。お酒の他に食事も楽しめるような所です。パブはお店のコンセプトによって色々な形態があります。ショーパブならダンサーがステージでショーを行い、ものまねパブならものまね芸人がネタを披露してくれます。コンセプトによって様々な顔を持っているのがパブです。

クラブ(高級クラブ)

座った時点でお金が発生し、時間制ではありません。そして必ずボトルを注文して、店を出る時もボトルキープをして買えるのが基本です。キャバクラ同様女性が接待をしてくれるのですが、そのレベルは高いです。キャバクラの客層がサラリーマンなのに対し、社長や政治家等を相手にするので、ホステスさんたちの教育は【ママ】が厳しく指導しています。相場は安くて3万円からで、高い時は家一軒買えるほどになるんだとか。

ラウンジ

キャバクラの派手さは無く、クラブほどのグレードではない、中間のお店です。ですがこれも地方やお店によっては境界線が曖昧で、料金もピンからキリまであるそう。一般的な認識としては、クラブのように席に着いたら料金が発生し、時間制限はなく、ボトルをオーダーするという流れです。クラブよりもグレードは劣りますが、それだけお客も肩ひじ張らずに済みます。相場は1万円から3万円程度だそう。

ガールズバー

女の子がバーテンダーをしているお店で、テーブルをはさんでの接客になります。指名や隣に座る等と言う事もなく、ボトルのキープやキャバクラほどのドリンクの催促もありません。キャバクラと同様1セット制で時間制限があります。相場は3000円から5000円くらいと一番安いです。が、何も考えず女の子にお酒を奢ってしまえば値段は勿論高くなりますので注意しましょう。